事故車の廃車買取手続きと通常の車の売却との違い

車買取店では、事故車であっても買い取ってくれることがあります。

事故車の損傷が軽度であれば、損傷している部分を修理すれば再び中古車として走行することができるようになり、廃車にせざるを得ないほどの損傷であっても、わずかでも損傷していない部分があれば、事故車を解体して中古部品として販売することができるからです。

また、すぐに買取に出さなくても、いくつかの店舗で査定してもらうことも一つの方法です。

事故車の買取手続きと通常の車の買取手続きでは、車両が自走できなければ専用車両を使って陸送をしなければならない点や、廃車を伴う売却では車両全体ではなく部品ごとに値段がつけられていく点などが異なりますが、それ以外の部分で事故車と通常の車との大きな違いはありません。

買取店側に提出しなければならない書類については、その車両が事故車かどうかは関係なく、車両を廃車にするかどうかによって変わってきます。

つまり、事故車が廃車となる場合は店側が買い取った後に永久抹消登録をするための必要書類を、廃車にならない場合は移転登録をするための必要書類を揃えるよう求められます。

買取に関してまだ踏み切れなかったり、不安があるようでしたらまずは査定に出してみることをお勧めします。