買取店では事故車はどのように定義されるか

「事故車」という言葉は、日常生活の中では交通事故によって車体に何らかの損傷を受けた車両のことを指すと捉えられていますが、車買取店をはじめとする自動車販売業界では事故車についての定義がこれとは少し異なります。

自動車販売業界の業界団体では、自動車の骨格を形成する部位の損傷に対して、交換や修復が行われたことのある車両のことを事故車と呼び、損傷が生じた理由は基本的には考慮されません。

例えば、交通事故によってフレームが損傷した場合や、台風などによる暴風のせいで木が車両に向かって倒れてきてルーフパネルが大きく凹んだ場合、何者かによって車の破壊行為が行われてトランクフロアのパネルが損傷した場合などで、廃車にならずに交換・修復がなされれば、以後は買取店などではその車両を事故車として扱います。

このことは買取や査定の際に申告することが非常に重要になります。
もしわからない程度だからといって、事故車であることを申告せずに査定などに出してしまうと、あとから問題が起こった時にややこしくなってしまいます。

雑誌などの車両紹介では、事故車に関して「修復歴有り」などと記載されます。
事故車となった車両は商品価値が低下するため、通常の車両と比べて事故車が安値で取引が行われます。
ユーザーにとっては安く手に入る分、売却時に事故車の買取店が提示する査定額も安くなります。