コメントする

お土産に最適な風呂敷の素材!<レーヨン>

風呂敷の素材は大きく分けて、繊細で柔らかな絹、
丈夫でしっかりした木綿、色彩豊かで軽い化学繊維のもの等
かわった物ではポリパックから作られたものまであります。

 

大きさも各種揃っており、デザインは無地のものから
凝った意匠まで、両面異なった色柄等使用の目的により
幅広い中から選ぶことが出来ます。

 

風呂敷生地のうち、絹は光沢がり軽くしなやかです。
シボによる独特の肌触りと光と影による深い色合いが
魅力のちりめんが代表てきです。

 

晴れの日に多く用いられます。

 

綿のものは吸水性が良く、丈夫で取り扱いが容易であり
最も一般的に使用されています。

 

瓶類や書類、道具類などの重い物あるいは長期保存しておくもの等
包んでおくのに適しています。

 

レーヨンは絹のような光沢があり、ほとんどがちりめんですが、
染料の色づきが良いのが特徴で、他の素材と組み合わせて
使われることがあります。

 

絹交と呼ばれる絹と組み合わせた生地にも使われます。
レーヨン100%では中ちりめんとちりめん地に
繻子織で柄を織り出した紋織物があります。
厚みのある風合いです。

お土産

ポリエステルは強くさらりとした感触で、湿気を吸いにくく、
丸めてもしわにならないのが特徴です。使いやすい素材です。

 

ナイロンは100%ナイロンの他にアセテート等を含む
合成繊維のものも豊富にあります。

 

お土産にするにはその素材の特徴からレーヨンの風呂敷が最適です。

 

染料の色づきがよく色彩豊かでしかも厚みのある風合いは
風呂敷そのものをお土産にするにもよく、また、ワインや
菓子等相手が喜んでくれそうな物を包んでもっていくにも最適です。

包む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)