投稿日:

ハレの日に一枚持っておくべき風呂敷<正絹>

ハレの日

風呂敷は素材によって手入れの方法に違いがあります。
手入れの方法を間違えてしまうと、縮んでしまったり、
シワになってしまう可能性やデザインが崩れてしまう事が
ありますので、注意が必要です。

 

手頃な価格で購入することが出来る素材としてあげられるのが、
ポリエステルです。

 

洗う場合には、おしゃれ着洗いなどの洗剤を使用し、
洗濯機ではなく手洗いで優しく洗うようにします。

 

そして、軽く水気を絞った後に、乾いたタオルで挟むようにして
水気をとり、アイロンを掛けるようにしましょう。

 

家庭で洗うことが出来る素材としては、綿があります。

 

手洗いもしくは洗濯機で洗うことが出来ますが、
色落ちをする可能性がありますので、単独洗いがおすすめです。

 

陰干しをした後、アイロンでシワを伸ばすようにすると良いでしょう。

 

ハレの日用に使用したい風呂敷の素材として、正絹があります。
水に濡れてしまうと、縮んでしまうという特徴があるため、
家庭で洗濯するということは難しいでしょう。

クリーニング

洗濯をする場合には、ドライクリーニングを選ぶようにしましょう。
同じ理由からアイロンをかける場合も、スチームは
使用しないようにします。

 

絹素材の風呂敷と同じように水に濡れると縮むという
特性があるのが、レーヨンです。

 

絹素材と同様にドライクリーニングにて手入れを行うようにしましょう。

 

保存する場合には、湿気の多い場所、直射日光があたる
場所を避け、適度な大きさに畳んだ状態で保管します。

 

乱れを防ぐためには、台紙などを挟むと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)